アーカイブ | 8月 2016

  • 株の値動きが読めなくなったときはセミナー受講

    株式投資を始めて実践を重ね、ある程度の利益を出せるようになってからしばらくすると、突然スランプが訪れることがよくあります。これまでは株の値動きが予測できていたのに、まるで違う市場に迷い込んだかのように値動きが読めなくなってしまうのです。そんなときは、セミナーを受講してみましょう。 株式投資に関するセミナーは証券会社や講師個人が主催しています。講師は証券会社や銀行でディーラーとして豊富な経験を持っており、その経験を受講者に授けてくれるのです。スランプになったときに受講してみると、思いもよらない発見があり調子を取り戻すきっかけになることもあるのです。 セミナーを受講する注意点として、異なる講師によるセミナーを複数受講することは避けるべきです。なぜなら、株式投資で利益を上げるための手法は投資家個人の考え方や資金力、精神力による部分が多いため、そういった部分が合わない講師に投資手法を教わっても参考になることは少ないからです。その場合、受講料と時間を無駄にするだけではなく株式投資について中途半端で余計な知識を身に付けてしまうという悪影響があるのです。例えば、割安銘柄を探し長期的な視点で長い時間をかけて大きな利益を得る手法を得意とする講師が行うセミナーを、わずかな利ざやを素早い売買で狙う手法を得意とし長い期間の間に起こる値下がりに耐えられるだけの資金力が無い投資家が受講しても得られるものは少ないのです。 現在は証券会社のウェブサイトや動画サイトで講師自身が講義を行っている動画が配信されていることが多いため、その動画を見て講師と自分の考えが合っているかを確かめてから受講を申し込むようにしましょう。